【ゼネコン】は英語で通じる?通じない?「サブコン・下請け」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大規模な工事を受注する【ゼネコン】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ゼネコン】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ゼネコン】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ゼネコン」は英語で【通じない】

大規模な土木工事や、大きな建築工事などをまとめて受注し、工事の管理などを行う建設業者「ゼネコン」は英語では通じない和製英語です。

そもそも、「ゼネコン」という言葉は英語で「ジェネラルコンストラクター:general constructor」を省略した言葉ですが、実はこの[general constructor]という英語は日本のゼネコンを正確には表していないんです。

スポンサーリンク

日本語のゼネコンは「全般の」という意味で[general]を使っていると考えられますが、英語で[general constructor]と言うと「(特殊ではない)一般の・雑多な建設業(者)」というニュアンスで取られる事が多いんです。

いわゆる日本語の大手の建設業者というニュアンスの「ゼネコン」を英語にしたければ「大手の建設会社」という意味の[major construction company]などと言うのが分かりやすいでしょう。

例文として「夫はゼネコンで働いています。」は英語で[My husband works for a major construction company.]なんて言えばオッケーです。

スポンサーリンク

また、ゼネコンから仕事を受注する「サブコン・下請け業者」は英語で[subcontractor]などと表現するので覚えておきましょう。

合わせて、ゼネコンが造成する【埋立地は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました