【影武者】は英語で何て言う?「おとり・影武者を使う・独裁者」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

独裁者などにいる【影武者】は英語で何て言う?

独裁者にいるとされる【影武者】は英語で何て言う?
独裁者にいるとされる【影武者】は英語で何て言う?

「影武者」は英語で【body double】

いざという時に、権力者などが自分の身代わりにしたりする為の「影武者」は英語で[body double]などと表現します。

ここで使われている「ダブル:double」と言えば「2倍の・二重の」などの意味がよく知られていますが、その他にも「代役・替え玉・生き写しの人」なんて意味もあるんです。

スポンサーリンク

つまり英語では、「体の替え玉」というニュアンスで影武者を表現する訳ですね。

例文として、「彼は少なくとも2人の影武者を使っている。」は英語で[He is using at least two body doubles.]などと言えばオッケーです。

また、影武者の利用用途としての「おとり・身代わり」の事は英語で[decoy]などと言えるので、「その独裁者は、影武者を囮に使った。」は英語で[That dictator used body doubles as decoys.]なんて言えばいい訳ですね。

スポンサーリンク

ちなみに、映画やドラマなどの撮影で本来の俳優の代わりにスタントマンなどが行う「代役・替え玉」というニュアンスでも[body double]や[double]を使う事が出来ます。

例えば「戦闘機に乗っていたのは彼の代役だ。」は英語で[That was his body double in the jet fighter.]などと言えばオッケーです。

合わせて、影武者などにも関連する【陰謀論は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました