【VAR】は英語で何の略?どんな意味?「VARの介入・VARの確認」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッカーの【VAR】は英語で何の略?どんな意味?

【VAR】は英語で何の略?どんな意味?
【VAR】は英語で何の略?どんな意味?

「VAR」は英語で【Video Assistant Referee】の略

サッカーで主審が下した判定を、ビデオ映像などを元に確認して助言をする専門の審判員やそのシステムを意味する「VAR」は英語で[Video Assistant Referee]などと表現します。

ここで使われているは「映像」、[assistant]は「補助者・助手」、[referee]は「審判員」を意味する単語です。

スポンサーリンク

つまり「VAR」は英語で「映像の補助審判員」という意味で、ビデオ映像でチェックをする専門のスタッフ・システムを表現している訳ですね。

例文として、「今のはファウルだよ!VARの介入があるはず!」は英語で[That was a foul! There must be a VAR intervention!]などと言えばオッケーです。

この例文のように、VARが主審に助言をする事を意味する「VARの介入」は英語で[VAR intervention]などと表現します。

スポンサーリンク

また、「VARの確認・チェック」は英語で[VAR check]などと言えるので、「長いVARチェックの結果、田中のゴールが認められた。」は英語で[After a long VAR check, Tanaka gets his goal.]などと言えますよ。

ちなみに、VARがファウルの有無やレッドカードの正当性などについて主審に助言をした際に、主審自らが映像を確認する「OFR」は英語で[On-Field Review]の略で、「フィールド上で再調査する」という意味になりますよ。

合わせて、VARにも関連する【スポーツによって違う審判は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました