【Uターンラッシュ】は英語で通じる?通じない?「ピークを迎える」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

故郷から一斉に帰る【Uターンラッシュ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【Uターンラッシュ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【Uターンラッシュ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「Uターンラッシュ」は英語で【通じない】

年末年始休暇やGW、お盆休みや夏休みなどの長期休暇に故郷や旅行に出かけた人達が一斉に帰る事で混雑が起きる「Uターンラッシュ」は英語では通じない和製英語です。

出先からUターンしてくる人でラッシュになるので[u-turn rush]と言っても通じそうですが、英語では自分の家に戻るという意味で「Uターン:U-turn」という表現は使わないんです。

スポンサーリンク

そんな帰省客の混雑「Uターンラッシュ」は英語で[return rush]などと表現します。

ここで使われている[return]は「帰る・戻る・帰り・帰宅」などを意味する単語なので、英語では「帰宅ラッシュ」というニュアンスでUターンラッシュを表現する訳ですね。

例文として、「新年のUターンラッシュは4日がピークを迎える見込みです。」は英語で[The New Year return rush is expected to peak on the 4th.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

この例文のように「正月のUターンラッシュ・新年のUターンラッシュ」という意味では前に[the new year]を付けたり、「お盆のUターンラッシュ:the return rush from Bon midsummer holidays」のように後ろにつける事を出来ますよ。

また、特に時期を指定せずに「休暇からのUターンラッシュ」と英語で言いたい場合は[holiday return rush]なんて言えるので覚えておきましょう。

合わせて、Uターンラッシュでは予約で埋まってしまう新幹線などの【指定席は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました