【ツタンカーメン】は英語で通じない?通じる?「黄金のマスク・ファラオ」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

古代エジプトの王【ツタンカーメン】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ツタンカーメン】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ツタンカーメン】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ツタンカーメン」は英語で【通じにくい】

古代エジプトのファラオ(王)で、若くして亡くなった事や、盗掘されずに豪華な副葬品が発見された事で知られる「ツタンカーメン」は英語では通じにくい表現です。

「ツタンカーメン」は英語では[Tutankhamun]と表記されますが、問題なのはその発音。

スポンサーリンク

英語でツタンカーメンは「トゥータンカムーン」のように発音するので日本語の読み方とは大きく違うんですね。

他にも、ツタンカーメンの英語として[King Tut]という表現も使われており、これは「ツタンカーメン:Tutankhamun」の最初の音節の区切りである[Tut]を使った俗称になります。

例文として、「いつかツタンカーメンの黄金のマスクを見てみたい。」は英語で[I would love to see the real golden mask of Tutankhamun one day.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

この例文のように、ツタンカーメンの副葬品として有名な「黄金のマスク」は英語で[golden mask]などと言えるので覚えておきましょう。

ちなみに、古代エジプトの王である「ファラオ」は英語でも[Pharaoh]と言いますよ。

合わせて、ツタンカーメンの墓をそうみなす人もいる【パワースポットは英語で通じない?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました