【書道家】は英語で何て言う?「書道・筆・硯・墨」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文字のアーティスト【書道家・書家】は英語で何て言う?

文字を書く【書道家】は英語で何て言う?
文字を書く【書道家】は英語で何て言う?

「書道家・書家」は英語で【Japanese calligrapher】

筆と墨などを使って文字を書き、展覧会や個展を開いたり、生徒に文字を書いたりする「書道家・書家」は英語で[Japanese calligrapher]などと表現します。

ここで使われている[calligrapher]は、「書道」を意味する[calligraphy]が元となっている単語で、そこに「~する人」という意味を作る[-er]を付けた単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「日本の書道をする人」というニュアンスで「書道家・書家」を表現する訳ですね。

書道家なんてアジア圏独自のものだと考える人もいますが、英語圏でも[calligraphy]と言えば、カードや看板などに美しいデザインのアルファベットを書く手法の事を指すんですよ。

例文として、「彼は日本で最も有名な書道家の一人です。」は英語で[He is one of the most famous Japanese calligraphers in Japan.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

ちなみに、書道家に必須の道具である「筆(毛筆)」は英語で[brush]、「硯(すずり)」は英語で[ink stone]、「墨」は英語で[ink stick]などと言いますよ。

合わせて、書道家と合わせて外国人にも人気の高い【陶芸家は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました