スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【調律師】は英語で何て言う?「ピアノの調律師・調律する」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピアノの音を整える【調律師】は英語で何て言う?

ピアノなどの【調律師】は英語で何て言う?
ピアノなどの【調律師】は英語で何て言う?

「調律師」は英語で【tuner】

ピアノの弦の張りの強さを調節する事で、音程を調整する職業である「調律師」は英語で[tuner]などと表現します。

ここで使われている[tuner]は、楽器などの「調子を合わせる・調律する」という意味の[tune]に「~する人」という意味を作る[-er]を付けた単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「楽器の調子を合わせる人」というニュアンスで調律師を表現する訳ですね。

他にも、調律師と言えばピアノの調律師を指す場合が多いので、「調律師」の英語として[piano technician]や[piano tuner]という表現を使う場合も多いですよ。

例文として、「私の彼はピアノの調律師です。」は英語で[My boyfriend is a piano tuner.]などと表現すればオッケーです。

スポンサーリンク

また、「調律」は英語で[tuning]と言いますが、パイプオルガンの調律師は特別に[voicer]という表現が使われ、パイプオルガンの調律も[voicing]と言われるんですよ。

合わせて、調律師などの手を使う作業にも関わる【利き手は英語で何て言う?】をチェック!