スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【ヒグマ】は英語で何て言う?「人を襲う・前足・爪・後ろ足」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人を襲う事もある【ヒグマ】は英語で何て言う?

北海道に生息する【ヒグマ】は英語で何て言う?
北海道に生息する【ヒグマ】は英語で何て言う?

「ヒグマ」は英語で【brown bear】

日本に生息するクマの中でも最も大きいクマの種類で、人を襲ってニュースになる事もある「ヒグマ」は英語で[brown bear]などと表現します。

ここで使われている[brown]は「茶色」を意味する単語なので、英語では「茶色いクマ」というニュアンスでヒグマを表現する訳ですね。

スポンサーリンク

また、北アメリカに生息するヒグマの事を、英語で「グリズリーベア:grizzly bear」と呼ぶ事もあるので覚えておくと良いでしょう。

例文として、「ニュースで、ヒグマがまた人を襲っていると聞きました。」は英語で[I heard on the news that brown bears were attacking people again.]などと言えばオッケーです。

この例文のように人などを攻撃する事を意味する「襲う」は英語で[attack]という表現が使えるので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

また、ヒグマが攻撃する時に使う「前足」は英語で[front paws]、立ち上がる時に使う「後ろ足」は英語で[hind legs]と表現します。

ちなみに、前足についている鋭い「爪」は英語で[claw]と言い、アメリカなどでは熊の前足と爪に形を似せた「bear claw:クマの爪」というお菓子もあるので、機会があればぜひお試しください。

合わせて、ヒグマの好物でもある【鮭は英語で何て言う?】をチェック!