【フクロウ】は英語で何て言う?「フクロウを飼っている」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜の森を飛ぶ鳥【フクロウ(梟)】は英語で何て言う?

【フクロウ(梟)】は英語で何て言う?
【フクロウ(梟)】は英語で何て言う?

「フクロウ」は英語で【owl】

夜に森の中を飛び回り、獲物を捕る鳥「梟(フクロウ)」は英語で[owl]などと表現します。

日本では「猫カフェ」と言う、猫と遊ぶことが出来る施設がありますが、これのフクロウ版「フクロウカフェ」も海外旅行客に人気だそうで[owl cafe]として海外サイトや動画サイトなどで紹介されています。

スポンサーリンク

例文として、「彼はフクロウを飼っている。」は英語で[He has an owl.]などと言えばオッケーですよ。

また、「フクロウ(梟)」に関連する英語のイディオムとスラングをご紹介すると、「(as) wise as an owl=とても賢い」、「fly with the owls=夜遊びをする」、「like a boiled owl=ぐでんぐでんに酔っ払って」などがあります。

日本でもフクロウには「夜・賢い」と言ったイメージがありますが、英語でも似たようなイメージがあるんですね。

スポンサーリンク

ちなみにフクロウや鷲などの「猛禽類」の事を英語で[birds of prey]と言い、ここで使われている[prey]には「獲物・捕食習性」なんて意味があるんですよ。

合わせて、夜に活動的な【夜型は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました