【ゴリラ】は英語で通じる?通じない?名前の由来や「ウホウホ・胸を叩く行為」などの英語もご紹介

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

分厚い胸板に太い腕、ムキムキの筋肉と渋い顔で動物園の人気者の【ゴリラ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ゴリラ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ゴリラ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ゴリラ」は英語で【通じる】

強いイメージのある「ゴリラ」は英語でもそのまま[gorilla]で通じます。

あえてカタカナで発音を書くとすると「ゴルィラ」という感じで、アクセントは”ルィ”の部分にあるのが特徴です。

スポンサーリンク

元々ゴリラの英語[gorilla]という単語は、古代ギリシャ語の[gorillai:毛深い女の部族]が語源なんだとか。

映画やアニメなどでは暴力的で怖いイメージで描かれる事も多いゴリラですが、実は非常に温厚で神経質かつ臆病な性格だそう。

ゴリラの声と言えば、日本では「ウホウホ」が定番ですが、これは英語では[oowa]なんて表記をします。

スポンサーリンク

また、ゴリラが胸をドンドン叩く行為自体を英語では[chest beating]なんて言ったりするので一緒に覚えておきましょう。

合わせて、【ナマケモノは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました