英語の間違い探し【彼はいつもクレームばかり言っている】の英文にあるミスは?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語で「彼はいつもクレームばかり言っている」と言いたい時に[He’s always claiming.]では間違え!

英語の間違い探し【彼はいつもクレームばかり言っている】の英文にあるミスは?
英語の間違い探し【彼はいつもクレームばかり言っている】の英文にあるミスは?

間違っているのは【claiming】

日本語で「文句を言う・苦情を言う」なんて意味で使われる「クレーム」ですが、実はこの[claim]の使い方は和製英語。

英語の[claim]は「(権利などを)要求する・主張する」という意味になり、「苦情を言う」という意味では基本的に使われません。

「クレーム(苦情を言う・文句を言う)」と英語で言いたい場合は[complain]を使いましょう。

つまり「彼はいつもクレームばかり言っている」と英語で言いたければ[He’s always complaining.]が正解です。

名詞の「苦情」は最後に[t]が付いて[complaint]になるので、「苦情のメール」だと[complaint email]なんて言うことができますよ。

その他の英語間違い探し【スリッパをはいての英文にある間違いは?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました