【人生】ロナルド・レーガンの格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画俳優を経て大統領に就任したロナルド・レーガンの格言をご紹介

ロナルド・レーガンの「人生」の格言
ロナルド・レーガンの「人生」の格言

“Don’t be afraid to see what you see.” -Ronald Reagan

事実から目をそむけるな。

ロナルド・レーガン(1911-2004)

【本日の格言解説】

第40代アメリカ合衆国大統領のロナルド・レーガンは、元ハリウッド男優でもありました。
それこそ前々回の格言で紹介した映画『風と共に去りぬ』のオーディションにも参加していたのだとか!

Amazon | 殺人者たち [Blu-ray] | 映画
リー・マーヴィン, ロナルド・レーガン, アンジー・ディッキンソン, シーモア・カッセル, ジョン・カサヴェテス, ドン・シーゲル 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

俳優業が減った後も、ナレーターやテレビ出演などをこなしながら、政治活動もしてきたレーガン。
カリフォルニア州知事を経て、アメリカ大統領となりました。

その攻撃的かつ強硬な政策には賛否両論ありつつも、冷戦を終結した功績は高く評価されています。

またウィットに富んだ会話、甘いマスク、茶目っ気たっぷりの性格で、個人的な人気はかなりのものだったとか。

暗殺未遂に遭っても「ハニー、よけそこねちゃったよ」と奥さんに冗談を飛ばせる気丈さは、事実を恐れない精神力があってこそ。

逃げてばかりでは何も解決しない、そう思っていたからこそ、強気な外交に出たのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました