【GDP】は英語で何の略?どんな意味?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

各国の経済指標として発表され、成長率などがニュースになる【GDP】英語で何の略?どんな意味?

【GDP】は英語で何の略?どんな意味?
【GDP】は英語で何の略?どんな意味?

「GDP」は【Gross Domestic Product】の略

国の経済指標として発表され、ニュースになる事も多い「GDP」は英語で[Gross Domestic Product]の略です。

ここで使われている[gross]は「全体の」という意味の英語で、日本でも広告費とその手数料を合計した金額を「グロス」と言ったりしますよね。

スポンサーリンク

また、[domestic]は「家庭の・国内産の」という意味で、最後の[product]は「生産物・製品」などの意味があり、全て合わせると「GDP」は「国内総生産」という意味になります。

ちょっと言葉だけでは難しく見えますが、「GDP」は国内で生み出された財やサービスの総額を意味する言葉で、その国の経済力を表す指標としてよく使われています。

似ている[GNP]は[Gross National Product]の略で、自国に住む国民と外国に住む国民の生産量を表す「国民総生産」という意味になりますよ。

合わせて、国民全員に割り振られている【マイナンバーは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました