【チョココロネ】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

くるくるねじった円錐状のパンの中に、チョコクリームが入っている子供から大人まで人気の菓子パン「チョココロネ」は英語で何て言う?

大人気の菓子パン【チョココロネ】は英語で何て言う?
大人気の菓子パン【チョココロネ】は英語で何て言う?

「チョココロネ」は英語で【chocolate cornet】

[chocolate corone]と表記する場合もあるようですが、そもそも「チョココロネ」は日本で開発された日本独自のパンだという事はご存じでしょうか?

「チョココロネ」は海外で普及しているというよりは、日本独特のパンとして日本語の名前がそのまま英語でも使われていますが、英語では「チョコレート」を「チョコ」と略す事は基本的にしないので[chocolate cornet]になる訳ですね。

チョココロネは明治時代に発明され、昭和の頃には広く普及していたようですが、当初は「チョコレートスネール」とも呼ばれていました。

この「スネール:snail」は「巻貝・かたつむり」という意味の英語ですが、食べ物にカタツムリを意味する単語を使う事のイメージが悪かったからなのか、時代が進むにつれて[cornet](英語では「コルネット」という楽器、フランス語では「角」)を使って「チョココロネ」という名前になったようです。

海外の人の中では、日本のアニメや漫画に登場するもので初めてチョココロネを見た人もいるようで、YouTubeで[chocolate cornet]と検索すると作り方がアニメのキャラクターなどと合わせて紹介されていたりもしますよ。(リンクはYouTubeの検索結果)

合わせて、パンの種類【コッペパンは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました