【別腹】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ご飯をお腹いっぱい食べた後でも、甘くて美味しそうなスイーツやついつい手が出てしまうジャンクフードなどを食べてしまう【別腹】は英語で何て言う?

お腹いっぱいでも食べられちゃう【別腹】は英語で何て言う?
お腹いっぱいでも食べられちゃう【別腹】は英語で何て言う?

「別腹」は英語で【room for ~】

直訳すると「~のための部屋」という事ですが、部屋というのは要するに「スペース」と考えると、「~の為のスペース(がある)」と表現する事で「別腹」という意味になるんですね。

使い方としては「デザートは別腹です。」なんて英語で言いたければ[I have room for dessert.]となる訳ですね。

「デザートの為の部屋を持っている」なんて、日本語の「別腹」と比べちゃうとだいぶオシャレな表現ですが、英語の[room]には「部屋」という意味だけでなく、「余地・機会」という意味もあるので納得ですね。

他にも[room]を「余地」という意味で使ったフレーズとして[There’s no room for ~]という表現があります。

これは「~の余地はない・~の余裕はない」という意味で、英語で[There’s no room for excuses.]なんて言われたら「弁解の余地はない」という意味になります。

「別腹」の英語表現として[room for ~]の「~」の部分に自分の好物を入れるとピンポイントで「(食品名)は別腹です」と表現する事が出来ます。

[I always have room for Sushi.]と言えば「いつでも寿司は別腹だ。」なんて豪快なセリフになりますよ。

合わせて、別腹の代表とも言える【ショートケーキは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました