スマニューアワード2020に『英語の達人WORLD』を推薦する

【種無しぶどう】は英語で何て言う?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ぶどう」は英語で「グレープ:grape」ですが、種があると食べにくい事から、子供からお年寄りまで人気が高い【種無しぶどう】は英語で何て言う?

種が無くて食べやすい【種無しぶどう】は英語で何て言う?
種が無くて食べやすい【種無しぶどう】は英語で何て言う?

「種なしブドウ」は英語で【seedless grapes

[seed]が「種」という意味なので、その[seed]が[less]なので「種が無い=種無し」という意味になります。

そこに「ぶどう:grapes」を付けて[seedless grapes]とする事で「種なしブドウ」という意味になる割とシンプルな表現ですね。

例文として「種なしブドウは子供にとって食べやすい。」と英語で言いたければ[Seedless grapes are easy to eat for kids.]などと言えます。

また、種無しぶどうと合わせて人気なのが、皮ごと食べられるブドウですが「このブドウの皮は食べられます。」と英語で表現したい場合は[You can eat the skin on these grapes.]などと言えばオッケーです。

日本のブドウは皮も薄く、糖度も高いので海外の方が食べると驚かれる事も多いですよ。

合わせて、そんなぶどうを使った【ぶどう味は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました