【愛】フィンセント・ファン・ゴッホの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、画家、フィンセント・ファン・ゴッホの格言をご紹介

フィンセント・ファン・ゴッホの「愛」の格言
フィンセント・ファン・ゴッホの「愛」の格言

“A man and a woman can become one, that is to say, one whole and not two halves, I believe that too.” -Vincent van Gogh

夫婦は1つになることが出来る。つまり、2つの半分ではなく、1つの全体になるということだ。私はそう信じてる。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)

【本日の格言解説】

“that is to say”は「すなわち、言い換えると」という意味になります。

弟テオと事あるごとに連絡を取ったり、ゴーギャンとの共同生活解消後の行動から、ゴッホは常に「愛」や「つながり」を探しているイメージがあります。

Amazon.co.jp: ゴッホ 真実の手紙(字幕版)を観る | Prime Video
不遇の天才画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。オランダでの若き日々からフランスで命を絶つまでの彼の人生を追う!

恋愛に限らず、「愛はひとつになる事」と考えていたのであれば、少し疎遠になった友人らに、どうしようもない感情を抱くのは、なんとなくわかる気がします。

そんなどうしようもない感情が、名作を生み出していたのでしょう。

しかし、孤独を感じながら天才画家になるか、みんなと楽しく平凡な生活を送るか、どちらか選べるとしたら、ゴッホは前者を選んだのでしょうか?

さて、この名言は、ゴッホが弟に宛てた手紙の中の一文です。

これは、弟のテオドルスがジュール・ミシュレというフランスの歴史家の本を読んでいると知り、嬉しくなったゴッホが、ミシュレの著書「愛」の一節を引用し、それについて述べている彼の意見です。

結婚に関する名言では、結婚は悪、つまらないもの、というものも多く、的を得ているとも言えるのでしょうが、やっぱり前向きな言葉を心に、結婚したいですよね。

結婚式のスピーチを頼まれた時に、さりげなく取り入れてみるといいかもしれませんね。

【夢】C・S・ルイスの英語の格言と日本語訳
【夢】C・S・ルイスの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました