【人生】ビリー・ジョー・アームストロングの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ミュージシャン、ビリー・ジョー・アームストロングの格言をご紹介

ビリー・ジョー・アームストロングの「人生」の格言
ビリー・ジョー・アームストロングの「人生」の格言

“Making mistakes is a lot better than not doing anything.” -Billie Joe Armstrong

間違いを犯すってのは何もしないより断然マシだろ。

ビリー・ジョー・アームストロング(1972-)

【本日の格言解説】

アメリカのパンクロックバンド、「Green Day」のヴォーカルを務めるビリー・ジョー・アームストロング。

Father of All...
Father of All...が輸入盤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

1994年にメジャーデビューしたGreen Dayは、パンクバンドとして史上初のグラミー賞の最高賞「最優秀レコード賞」を獲得しました。

ドキッとするような強い言葉もありますが、ノリがよくキャッチーなメロディ、それでいてめちゃくちゃカッコいい!

中でも1994年のアルバム『Dookie』の「Basket Case」は、これまでパンクやロックは不良や悪ぶった人が聞くもの、というイメージを覆しました。

そんな、パンク史においても重要な地位に位置づけられるバンドのボーカル、ビリーのこの言葉。

間違いから何かを学ぶ事は、失敗を恐れて何もしないよりもとても価値ある事ですよね。

【人生】スティーヴィー・ワンダーの英語の格言と日本語訳
【人生】スティーヴィー・ワンダーの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました