【人生】クリスチャン・ネステル・ボヴィーの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、法律家、クリスチャン・ネステル・ボヴィーの格言をご紹介

クリスチャン・ネステル・ボヴィーの「人生」の格言
クリスチャン・ネステル・ボヴィーの「人生」の格言

“When all else is lost, the future still remains.” –Christian Nestell Bovee

すべてが失われようとも、まだ未来が残っている。

クリスチャン・ネステル・ボヴィー(1820-1904)

【本日の格言解説】

クリスチャン・ネステル・ボヴィー、あまり聞き慣れない人物ですよね。

彼は1820年にNYCで生まれた法律家です。

彼はClarkson N. Potterという、NYでしか本を出さない出版社を始めとして、いくつもの企業で顧問弁護士として働いていた法律家ですが、趣味の時間を文学に割き、”Thoughts, Feelings, and Francies”や”Intuitions and Summaries of Thought”というような本を出しています。

Intuitions and Summaries of Thought Volume 2 (English Edition)
Amazon.co.jp: Intuitions and Summaries of Thought Volume 2 (English Edition) 電子書籍: Christian Nestell Bovee: Kindleストア

これらの本から抜き出された彼の警句は、幅広く親しまれているようです。

日本でも海外ドラマが人気ですが、プロローグとエピローグに格言を紹介するアメリカの”Criminal Minds”というドラマで、クリスチャンの格言が使われたこともあるんです。

シーズン3の18話目で、
“No man is happy without a delusion of some kind. Delusions are as necessary to our happiness as realities. “
(人は何かしらの妄想なくして幸せになれない。妄想は現実と同じくらい幸せに欠かせないものなのだ。)
という格言が使われたみたいです。

この格言がドラマの内容とどのように係わっているのか観てみては!?

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3 (字幕版)
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3 (字幕版)

さて今回ご紹介した格言ですが、これ、短いながらもとても強く印象に残る言葉ですよね。

全てが失われたとしても、未来というものは誰にでも残っていて、その未来をどう生きるかはその人次第なんですよね。

全てを失った経験はありませんが、この言葉が胸にあれば心強いですね。

【人間】アンブローズ・ビアスの英語の格言と日本語訳
【人間】アンブローズ・ビアスの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました