【特別扱い】は英語で何て言う?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

学校や仕事などで、特に目をかけてかわいがっている人物や相手先などを意味する【特別扱い】は英語で何て言う?

【特別扱い】は英語で何て言う?
【特別扱い】は英語で何て言う?

「特別扱い」は英語で【special treatment】

学校で先生が特に目をかけている子や、仕事で上司が他の部下より便宜を図ったりする事を日本語では「特別扱い」と言いますが、英語では[special treatment]などと表現します。

[special]はそのまま「スペシャル」ですが、[treatment]は「待遇・扱い」を意味する単語です。

[treatment]はお風呂で使う「ヘアトリートメント」などにも使われていますが、この場合の[treatment]は「治療・処置・手当」などの意味ですね。

例文として、「先生は彼女をいつも特別扱いする。」は英語で[Our teacher always gives her special treatment.]などと表現できます。

このように「特別扱いをする」と言いたい時は上の例文のように[give special treatment]と表現し、反対に「特別扱いを受ける」と英語で言いたい場合は[get special treatment]を使いますよ。

合わせて、ハっと気が付く【目から鱗は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました