【燃え尽き症候群】は英語で何て言う?「休職した・症候群」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目標に向かって猛烈に頑張っているうちに、抜け殻のようになってしまう【燃え尽き症候群】は英語で何て言う?

仕事などでの【燃え尽き症候群】は英語で何て言う?
仕事などでの【燃え尽き症候群】は英語で何て言う?

「燃え尽き症候群」は英語で【burnout】

目標や困難に立ち向かって長く頑張りすぎてしまい、やる気やエネルギーが湧いてこなくなってしまう「燃え尽き症候群」は英語で[burnout]などと表現します。

「燃える」は英語で[burn]で、「~し尽す」を[out]が表現しており、[burnoutは「燃焼し尽くす事」や「心身が疲れ果てる事」を意味します。

スポンサーリンク

日本語では「症候群」という言い方が一般的なので「シンドローム:syndrome」という言葉を付けたくなりますが、[burnout]だけで「燃え尽き症候群」という意味として使えますよ。

例文として「彼は燃え尽き症候群で休職した。」は英語で[He took a leave of absence because of burnout.]などと表現すればオッケーです。

もう少し、明確に「仕事の燃え尽き症候群」と英語で言いたければ[job burnout]なんて言っても良いですよ。

スポンサーリンク

新年度から新しく働き始めた新社会人の方や、困難な課題や大きなプロジェクトの後などには燃え尽き症候群になりやすいと言われているので、適度の休みやリフレッシュ期間を設けてうまく切り替えていきましょう。

合わせて、燃え尽き症候群の予防に大切な【ストレス発散は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました