【端午の節句】は英語で何て言う?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月5日に鯉のぼりや五月人形を飾って祝う【端午の節句】は英語で何て言う?

5月5日の【端午の節句】は英語で何て言う?
5月5日の【端午の節句】は英語で何て言う?

「端午の節句」は英語で【Boy’s festival】

5月5日に鯉のぼりや五月人形を飾り、ちまきや柏餅を食べてお祝いする「端午の節句」は英語で[Boy’s festival]などと表現します。

欧米では5月5日に子供の成長を祝う風習はありませんが、男の子のためのお祭りなので、[Boy’s festival]が直訳としてぴったりですね。

スポンサーリンク

もう少しフラットに「こどもの日」と言いたい場合は[Children’s Day]と言ってもオッケーでしょう。

そもそも、日本の端午の節句は奈良時代から続いているかなり古い風習で、元々は災厄や病気を遠ざける為の行事でした。

江戸時代には、鯉のぼりを上げたり鎧人形(現在の五月人形)を飾ったりするなど、現在にも引き継がれる風習へと変化していったそうです。

スポンサーリンク

ちなみに、近年では住宅事情などもあり、人形ではなく鎧の兜のみを飾る家もかなり多いようですが、そのような「飾り兜」は[ornamental helmet]と表現してみましょう。

合わせて、端午の節句の定番【鯉のぼりは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました