【抗生物質】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペニシリンなどの体の中に入った細菌の繁殖を抑える為に飲む薬【抗生物質】は英語で何て言う?

細菌の繁殖を抑える【抗生物質】は英語で何て言う?
細菌の繁殖を抑える【抗生物質】は英語で何て言う?

「抗生物質」は英語で【anitibiotic(s)】

体の中に入った細菌が原因で起こる病気などに対して飲む薬を日本語では「抗生物質」や「抗生剤」と言いますが、英語では[antibiotic]と表現します。

この単語は[anti-]と[biotic]が組み合わさった言葉で、[anti]は「抗う・反対する」なんて言う意味があります。

スポンサーリンク

日本語では何かの敵対勢力や反対勢力というようなニュアンスで「アンチ〇〇」なんて使い方をされる事が多く、なんとなく人間に対して使うイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、英語の[anti]は人以外に対しても使う事ができます。

[biotic]は「生物」この場合は「細菌」のことを指すので、[antibiotics]は「細菌に抵抗する物」というニュアンスで「抗生物質」という意味で使えるんですね。

例文として、「私は抗生物質を服用中です。」は英語で[I’m on antibiotics.]などと表現出来ますよ。

スポンサーリンク

また、抗生物質を多用する事で、抗生物質が効かない耐性菌が発生している事が世界的に問題となっていますが、そのような抗生物質に耐性のある細菌である「耐性菌」は英語で[antibiotic-resistant bacteria]と表現出来ますよ。

ちなみに、細菌をやっつける[antibiotics]に対して、細菌の働きを助ける[probiotics]という言葉も存在し、いわゆる「乳酸菌・ビフィズス菌」など腸内環境の改善を促すものを意味します。

こちらは「共生」を意味する[probiosis]が語源となっており、海外でも多くのサプリメントなどに[probiotic(s)]という表記が見られますよ。

合わせて、風邪の症状【咳が出るは英語で何て言う?】をチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語クイズ
英語の達人をフォローする
関連記事
英語の達人WORLD
タイトルとURLをコピーしました