【サービスエリア】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高速道路で休憩や飲食が出来る【サービスエリア(SA)】は英語で通じる?通じない和製英語?

【サービスエリア】は英語で通じる?通じない和製英語?
【サービスエリア】は英語で通じる?通じない和製英語?

「サービスエリア」は英語で【通じはする

高速道路上にある施設で、トイレ休憩や食事をするレストランだけでなく、最近では様々なエンタメ施設と組み合わされた「サービスエリア」は英語ではある程度通じる表現です。

この「サービスエリア:service area」という表現はイギリス英語ではよく使われている表現ですが、アメリカ英語ではあまり使われない表現でもあります。

スポンサーリンク

アメリカ英語では「サービスエリア」は[rest area]や[rest stop]と表現するのが良いでしょう。

[rest]は「休憩する」という意味の単語なので、直訳すると「休憩場所」といったニュアンスになりますね。

日本では、トイレや売店だけでなく、多種多様なレストランやエンタメ施設などがあるサービスエリアが人気ですが、海外ではそこまで豪華なサービスエリアは珍しく、トイレと簡易的な売店のみのサービスエリアが一般的です。

スポンサーリンク

アメリカの高速道路では、お腹が空いたりガソリンがなくなってきた場合は、高速道路を降りて出口付近の施設を利用する事も多いですね。

ちなみに、海外のサービスエリアはあまり治安が良くない場所もあるので、夜間に一人で利用する際などは車の施錠や、トイレの利用などには十分注意して下さい。

合わせて、車の運転中に気を付けたい【あおり運転は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました