【インフラ】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

道路・水道・電気や通信設備などの【インフラ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【インフラ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【インフラ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「インフラ」は英語で【通じない】

電気・ガス・水道など、生活の基盤となる施設やシステムを意味する「インフラ」は英語では通じない和製英語です。

そもそも、「インフラ」は「インフラストラクチャー」の略で、英語でも[infrastructure]と表現します。

スポンサーリンク

元々、[infrastructure]は「下部構造・基盤」という意味があり、そこから社会や生活をを支える基盤である公共設備などの「インフラ」を意味するんですね。

生活に身近な付帯的なインフラの英語としては「電気:electricity」、「ガス:gas」、「上下水道:water and sewerage」などのライフラインがあげられます。

例文として、「この国はまだインフラが整っていない。」は英語で[The infrastructure isn’t developed yet in this country.]などと表現出来ますよ。

スポンサーリンク

近年では、インターネットなどを含む「通信:telecommunication」も大切なインフラの1つですね。

合わせて、電気の無駄遣いを減らす【節電は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました