【ジャージ】は英語で通じる?通じない?「スウェット素材のジャージ」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

運動用や普段着などに使われる【ジャージ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ジャージ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ジャージ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ジャージ」は英語で【通じない】

運動する際や、普段着として着る伸縮性のある長袖長ズボンの服「ジャージ」は英語では通じにくい表現です。

英語にも[jersey]という単語はありますが、これは主にスポーツ選手が試合で着るユニフォームなどを意味する単語で、[basketball jersey]と言えば「バスケのユニフォーム」、[baseball jersey]であれば「野球のユニフォーム」になる訳ですね。

スポンサーリンク

普段着やパジャマ替わりとしても着る事の多い「ジャージ」は英語で[tracksuit]などと表現します。

ここで使われている[track]は「トラック競技(陸上競技)」を意味する単語で、[suit]は「一揃いの服・~着」という意味なので、英語では「陸上競技用の服」というニュアンスでジャージを表現するんですね。

例文として、「彼はよく黒いジャージを着ています。」は英語で[He often wears a black tracksuit.]などと表現します。

スポンサーリンク

他にも、ジャージの英語として[jogging suit]という表現もよく使われますし、スウェット素材のジャージであれば[sweat suit]と表現しても良いですよ。

合わせて、冬に暖かい【起毛・裏起毛は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました