【お釣り】は英語で何て言う?「小銭・お釣りが間違っている」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

買い物などのお支払いの余りである【お釣り】は英語で何て言う?

会計と支払額の余り【お釣り】は英語で何て言う?
会計と支払額の余り【お釣り】は英語で何て言う?

「お釣り」は英語で【change】

お店で現金で支払いをした際に、返されるお金である「お釣り」は英語で[change]などと表現します。

「チェンジ:change」と言えば、動詞の「変える」という意味で覚えている人が多いと思いますが、他にも「両替する」という意味もあるんです。

スポンサーリンク

そして、今回の使われ方である「お釣り・小銭」という名詞の意味もあるんですね。

海外では「両替」も必要ですし、チップとして「小銭」を渡したり、お会計で「お釣り」を貰ったりと使う機会が多いのでしっかり覚えておきましょう。

例文として、「お釣りが間違っていますよ。」は英語で[You gave me the wrong change.]などと表現すればオッケーです。

スポンサーリンク

他にも、海外では割と多い路上のホームレスがお金を恵んで欲しい時の定番フレーズ「小銭はありませんか?:Do you have some change?」にも「チェンジ:change」が使われているんですよ。

ちなみに、ホームレスから物乞いをしつこくされて、明確に断りたい場合は[I don’t have anything.:私は何も持っていません。]なんて言ってみるといいですよ。

合わせて、お釣りが出ない【カード払いは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました