【音楽】ビリー・ジョエルの英語の格言と日本語訳

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、シンガーソングライター、ビリー・ジョエルの格言をご紹介

ビリー・ジョエルの「音楽」の格言
ビリー・ジョエルの「音楽」の格言

“I think music in itself is healing. It’s an explosive expression of humanity. It’s something we are all touched by. No matter what culture we’re from, everyone loves music.” –Billy Joel

音楽はそれ自体が癒しだと思う。
音楽は人間性の爆発的な表現であり、我々が感動させられるものだ。どんな文化を持っていようとも、みんな音楽が大好きなんだ。

ビリー・ジョエル(1949-)

【本日の格言解説】

ピアニストであり、シンガーソングライターであり、作曲家であるビリー・ジョエルは80年代を代表するスターの1人。

日本でも彼の楽曲は様々なCMやテレビ番組で使われ、曲名は知らずとも「この曲知ってる!」というものも多いはず。

高校を中退した彼が、アーティストとしてその名を世界中に知らしめたのが5枚目のアルバム「ストレンジャー」でした。

Amazon | ストレンジャー(期間生産限定盤) | ビリー・ジョエル | ポップス | ミュージック
ストレンジャー(期間生産限定盤)がポップスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

このアルバムは全米で2位を収め、ローリング・ストーン誌の「最も偉大なアルバム500」では67位に選ばれています。

また、日本では同名シングルが大ヒット!

「ストレンジャー」に収録されている「素顔のままで(Just the Way You Are)」はグラミー賞最優秀レコード賞を受賞したことも。

一時、ポップミュージックからの引退を宣言し、クラシック音楽の作品をリリース。クラシックチャートで首位をとったビリーですが、アルコール依存症やうつ病のため、入院したり、3度も交通事故を起こすなどして、私生活では順風満帆!とはいかなかったようです。

しかし、2006年にはライブ活動を再開し、2008年には初来日(1978年)から数えて30周年記念のライブが日本武道館にて行われました。

1995年の来日公演では、阪神大震災に遭遇し、大阪公演での収益金を全額寄付してくれたことも。

そんな彼の名言は音楽について。どこの国にも、形式は違えど音楽は存在しますよね。その音楽にも様々なジャンルが存在し、みんな好き好きに音楽を聴いたり演奏したり。言葉が通じなくても同じ音楽を聴いて盛り上ることだってありますよね。それだけ音楽という存在は我々人間にとって欠かせないものです。

ビリー・ジョエルの楽曲も素晴らしいものばかりですので、癒されてみては?

【信念】マーガレット・サッチャーの英語の格言と日本語訳
【信念】マーガレット・サッチャーの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました