Readingのスコアが上がらない人必見!!英文法の大切さ 【TOEIC®︎テスト奮闘記(5)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Readingのスコアが上がらない人必見!!英文法の大切さ【TOEIC®︎テスト奮闘記vol.5】

<Readingのスコアが上がらない人必見!!英文法の大切さ>TOEIC®︎テスト奮闘記[#5]

模試を解き終わったら、時間をかけてでも必ず復習することが大事だと学んだ前回

それからは、試験対策本(3~5回くらいの試験が収録されている問題集など)を毎日満遍なく解き、復習をしっかり行うという勉強法で1ヶ月間やってみました。

スポンサーリンク

実際にこのやり方で進めていくと、Listeningの正答率は確かに上がっていました。
しかし、 Readingの正答率がなかなか上がらないという状況に…

間違った問題を分析しながら原因を突き詰めていくと「文法の理解力が足りていない」ということでした。

それもそのはず、思い返せば学生時代のあやふやな英文法のままTOEICに挑戦していたからです。

自分では理解したと思ってもニュアンスが違っていたり、英語を「読めた」とは言えない状況だった訳ですね。

スポンサーリンク

この状況では正答率は上がらないままなので、最低限必要な文法を学び直すことにしました。

まず初めに使った教材は、「中学英語をひとつひとつわかりやすく。」という文法書です。

中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 (中学ひとつひとつわかりやすく)
「中学英語の一番わかりやすい本ってどれ? 」「英語ってどう勉強したらいいんだろう? 」 そんな声にこたえた中学生のための個人授業(こじんじゅぎょう)『ひとつひとつわかりやすく。』シリーズ 中学英語を超基礎レベルからやさしく解説。少しずつ、効率よく学べるようにわかりやすい解説(左ページ)+書き込み式の練習問題(右ページ)...

英語を超基礎から学び直したい人にオススメで、優しい言葉とイラストで見やすく、また無料解説動画もあるので、飽きずに続けられます。

参考書を読んでいるうちに「こんなにも文法を疎かにしていて、理解が足りなかったのか」という事に改めて気付かされました。

過去分詞をの使い方のパターンを正しく理解していませんでしたし、不定詞の用法も4つあるとは知りませんでした。
他にも知らなかったこと、理解しているつもりで勘違いしていたことがたくさんあり、目から鱗が落ちたような思いでした。

スポンサーリンク

みなさんも、例えば「動名詞と現在分詞の見分け方を説明して」なんて言われたら、適切な回答ができるでしょうか?
おそらく明確には説明できない方も多いと思います。

文法の勉強は確かに面倒で、時間もかかるかもしれません。

しかし、文法を80%でも正しく理解できていれば、文章を正しく読めて聞けるようになるので、スコアは必ず上がります。

次回は文法の勉強頑張るぞー!

スタディサプリ ENGLISH
スタディサプリ ENGLISH

合わせて英語の復習、動詞が不規則に変化する過去形・過去分詞形の英語一覧もチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました