英文法を英語で学習する?一石二鳥の勉強法とは【TOEIC®︎テスト奮闘記(6)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
英文法を英語で学習する?一石二鳥の勉強法とは
英文法を英語で学習する?一石二鳥の勉強法とは【TOEIC®︎テスト奮闘記vol.6】

<英文法を英語で学習する?一石二鳥の勉強法とは>TOEIC®︎テスト奮闘記[#6]

TOEICに関わらず、英語を学ぶ上、さらには語学を勉強する上で大事な要素になるのが、「文法」であるということがわかった前回

正直、英文法には自信がないという方は、前回ご紹介した参考書「中学英語をひとつひとつわかりやすく。」などの初心者向けの英文法を学習すると良いでしょう。

スポンサーリンク

まずはしっかりと基礎を固め、次のステップに進むための地盤を確立させます。

基礎が出来上がって、「一通りの文法を理解できた!」という方は、次のステップに進みたい所ですが、具体的に「次のステップ」とは、なんだと思いますか?

正解は「英語で書かれている文法書を読んで、英語で理解すること。」です。

「え?わざわざやる必要ある?十分でしょ。」なんて声が聞こえてきそうですが、これが効果があるんです。

特にTOEICで高得点を狙っている方は、この学習方法で成績が伸びやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

教材としては、有名なケンブリッジ大学が出版している「English Grammar in Use」を使うと良いかと思います。

English Grammar in Use 5th edition Book with answers and interactive ebook
Raymond Murphy's English Grammar in Use is the first choice for intermediate (B1-B2) learners and covers all the grammar you will need at this level. This book ...

私が英語の英文法参考書をお勧めする理由は2つ。

・日本語では説明できない、されることがない細かいニュアンスを理解でき、文法を深く知ることができる
・英語で書かれているので、英語を読む練習にもなる

からです。

英文法を英語で学習する?一石二鳥の勉強法とは

日本で発売されている多くの英文法書は、割と表面的な部分に内容を多く割いている物も多く、決して間違っているわけではないのですが、英語を学ぶことにおいては不十分だと私は感じたのです。

スポンサーリンク

日本語と英語という全く違う言語を、それぞれの言語にあてはめて文法を解説する分けですから、そもそもがとても難しい事なんですよね。

次回の#7では、例を出し、実際にニュアンスがどう変わるのか、どう違うのかをご説明します。 次回もお楽しみに!

スタディサプリ ENGLISH
スタディサプリ ENGLISH

合わせて英語の復習、動詞が不規則に変化する過去形・過去分詞形の英語一覧もチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました