【カンニング】は英語で通じる?通じない?「電子機器を利用してカンニングを行う」などの英語をご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テストでズルをする【カンニング】は英語で通じる?通じない和製英語?

【カンニング】は英語で通じる?通じない和製英語?

「カンニング」は英語で【通じない】

テストや試験中に人の解答を盗み見たり、メモなどを持ち込んで不正を行う「カンニング」は英語では通じない和製英語です。

試験中などに行う不正行為「カンニング」は英語で[cheating]と表現します。

スポンサーリンク

最近はゲームなどでよく「チート」という言葉が使われますが、この[cheat]は「だます・ごまかす・いかさまする」などという意味があります。

[cheating]は、人を欺く行為全般に使われる言葉であり、「浮気」という意味で使われることもあるんですよ。

例文として、「最近、学生は電子機器を利用してカンニングを行います。」は英語で[These days, students use electronic devices for cheating.]などと表現すればオッケーです。

スポンサーリンク

ちなみに英語の[cunning]には「悪賢い・ずるい」といった意味がありますが、日本語で言う所の「カンニング」という意味では使われないので気を付けましょう。

合わせて、テストなどで緊張しやすい【プレッシャーに弱いは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました