【あなた次第】は英語で何て言う?「あなたの意見次第」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手に選択肢を委ねる【あなた次第】は英語で何て言う?

相手にまかせる【あなた次第】は英語で何て言う?
相手にまかせる【あなた次第】は英語で何て言う?

「あなた次第」は英語で【It’s up to you.】

相手に選択肢を委ねて決めてもらいたい時に言いたい「あなた次第」は英語で[It’s up to you.]などと表現します。

英語で[up]と言えば「上」という意味を思い浮かべますが、[up to]には「~次第で・~の義務で」という意味があるんです。

スポンサーリンク

つまり、[It’s up to you.]は直訳すると「これはあなた次第です。(あなたが決めて)」という意味になる訳ですね。

例文として、「テストに合格するかどうかは、あなた次第よ。」は英語で[Whether you will pass this test or not, it’s up to you]などと言えばオッケーです。

この例文のように、[up to you]を使う場合は、完全に相手に委ねる(相手に責任がある)という状態になります。

スポンサーリンク

他にも「あなた次第」の英語として[It depends on you.]という表現もありますが、こちらは「あなたの意見次第(でどうするか決める)」というニュアンスで使われる事が多いのでうまく使い分けてみて下さいね。

合わせて、努力などが【実を結ぶは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました