【ロシア】は英語で通じる?通じない?「ロシア人・ソ連・大統領」などの英語もご紹介

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北の大国【ロシア】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ロシア】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ロシア】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ロシア」は英語で【やや通じにくい】

北に広がる超大国で、世界最大の面積を持つ国「ロシア」はそのままでは英語ではちょっと通じにくい表現です。

「ロシア」は英語で[Russia]と書くので、そのままロシアと読めば良さそうですが、問題なのはその発音。

スポンサーリンク

英語の「ロシア:Russia」の発音をあえてカタカナ表記するなら「ラッシャ」といった感じの読み方になるんです。

また、「ロシア人・ロシア語」は英語で[Russian](ラッシャン)と表現します。

例文として、「ロシア大統領が年末恒例の記者会見を開きました。」は英語で[President of Russia held a year-end annual press conference.]などと表現しますよ。

スポンサーリンク

ちなみに、ロシアの元となった「ソ連(ソビエト連邦)」は英語で[Soviet Union]と表現するので覚えておきましょう。

合わせて、ロシアと緊張状態が続く【ウクライナは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました