「扱いが酷すぎる!」観光地でまさかのトラブル!【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル(2)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「扱いが酷すぎる!」観光地でまさかのトラブル!【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブルvol.2】

<「扱いが酷すぎる!」観光地でまさかのトラブル!>漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル 4コマ漫画[#2]

今回は海外のチケット購入窓口で起きたトラブルを紹介します。
日本ではありえないような対応をされることも…?

スポンサーリンク

海外のとある国に留学中の女の子。

ある日留学生仲間と観光施設に遊びに行きました。

●事例

スポンサーリンク

その国は大学生や留学生でも多くの施設で学生割引が適用され、その施設も学生証を提示すれば割引があると聞いていました。

ところが、チケット購入時に留学生証を見せると、「学生割引はありません」と窓口の人に言われてしまいました。

不審に感じながらも、「ルールが変わったのかな」と思った女の子は、しぶしぶ定価でチケットを購入します。

しかし、別の窓口に並んだ友人はちゃんと学生割引で購入できていました! どうやら窓口の人が適切に対応してくれなかったようです。

なぜトラブルが起こったのか?

スポンサーリンク

反日意識が強い国や、アジア人ヘイトが多い地域では、このような理不尽な目に遭う可能性もあるので注意が必要です。

日本ではたとえ嫌な人がいたとしても、仕事は仕事として割り切って取り組む人が多いので、明らかに雑・不平等な対応を取られるという事を日常的に想定していませんよね。

ゆえに彼女は学割があると事前に調べていたにもかかわらず、「窓口の人が言うのならそうなのだろう」と信じてしまったのでしょう。

海外では割引をしないどころかチケットそのものを売ってくれないなど悪質な嫌がらせも実際にあるので要注意です。 あとは単純に怠慢だったり仕事のレベルが低かったり、という残念なケースも…。

●教訓

スポンサーリンク

日本とは違い、海外では窓口対応はかなり個人差があります。

事前に調べてあることと違ったり、「なんかおかしいな」と思ったらその事をちゃんと主張するか、その窓口は諦めて別の窓口に並び直しましょう。

窓口がひとつしかない場合はとにかくその辺の従業員をつかまえて問い合わせてみてくださいね。

まずは自分を信じること!です。

さて、次回の海外トラブルは、日本からの手紙・荷物についてです!

angtian(アンティエン)さんの留学4コマ漫画、中国への留学先選びで犯した痛恨のミスとは?【中国クセつよ留学生活(1)】もチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました