スマニューアワード2020に『英語の達人WORLD』を推薦する

【ビッグマウス】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実現が難しそうだったり、壮大な目標などを公言する人の事で、悪い意味でも良い意味でも使われる事のある【ビッグマウス】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ビッグマウス】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ビッグマウス】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ビッグマウス」は英語で【通じない】

日本語で使われる「ビックマウス」は、いわゆる「大口をたたく」や「ホラを吹く」といった実力以上の事や大風呂敷を広げる人に対して使われますが、英語の[big mouth]にはそのような意味はないのでビッグマウスは和製英語です。

英語で「ビッグマウス:big mouth」と言うと、「口が軽い・おしゃべり(な人)」という意味で使われる表現で、「大きな口で何でも喋ってしまう」というイメージで考えるとわかりやすいですね。

日本語で言う所の「ビッグマウス」は英語で[talk big]と表現するのが良いでしょう。

直訳で「トークが大きい:talk big」と、直訳で「大きな口:big mouth」を比較すると、[talk big]の方が「大口を叩く・ホラを吹く」という意味ではしっくりくるのがわかりますね。

例文として「彼はいつもビッグマウスだ。」などと英語で言いたければ[He is always talking big.]と言ってみましょう。

ただし、[talk big]には「(得意げに)自慢する」というような意味もあり、いずれにせよあまり良いイメージのある表現ではないので使う場合には注意しましょう。

合わせて、みんなの注目を集める【人気者は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました