【ムードメーカー】は英語で通じる?通じない?「チームのムードメーカー」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チームやクラスの【ムードメーカー】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ムードメーカー】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ムードメーカー】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ムードメーカー」は英語で【通じにくい】

学校のクラスやスポーツのチームなどにおいて、みんなを盛り上げたり引っ張っていく役目をする「ムードメーカー」は英語では通じにくい和製英語です。

ムードを作る人なので、「ムードメーカー:mood maker」と言いたくなりますが、英語ではこのような使われ方はしません。

スポンサーリンク

盛り上げ役の「ムードメーカー」は英語で[class clown]などと表現すると良いでしょう。

ここで使われている[clown]は「道化師(ピエロ)」の事を意味するので、英語では「クラスのピエロ」というニュアンスでムードメーカーを表現する訳ですね。

例文として、「彼はこのチームのムードメーカーだ。」は英語で[He is the class clown of this team.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

他にも、パーティーなどの盛り上げ役というニュアンスでの「ムードメーカー」の英語としては[life of the party]という表現もあります。

例えば「田中さんは(飲み会・パーティーの)ムードメーカーだ。」は英語で[Mr. Tanaka is the life of the party.]などと言える訳ですね。

合わせて、ムードメーカーに多い【テンションが高いは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました