「なぜ?」ドイツでトルコ料理のケバブが大人気な理由【ドイツで女子大生してました(12)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「なぜ?」ドイツでトルコ料理のケバブが大人気な理由【ドイツで女子大生してましたvol.12】

<「なぜ?」ドイツでトルコ料理のケバブが大人気な理由>ドイツで女子大生してました[#12]

みなさんKebab(ケバブ)って知っていますか?

最近では、日本の夏祭りやフードトラックでよく見かけるかな〜と思います。

スポンサーリンク

もともとはトルコ発祥のファーストフードで、手のひらよりひと周り大きいパンに、丸太のような大きいお肉から切り取ったお肉とたーっぷりの野菜を挟んだ食べ物です。
お肉は食べる直前にカットしてくれるので、とても見応えがありますよね!

ドイツ=Kebab(ケバブ)というイメージは無いかもしれませんが、実はドイツで最もポピュラーなファーストフードのひとつなんです!ではどうやってドイツに渡ってきたのでしょうか?

ケバブがドイツへ渡ったのは、1950年代と言われています。

スポンサーリンク

当時ドイツは高度経済成長期の一方、急速に発展する技術に対して深刻な人材不足問題をかかえていました。

その人材不足を解消するためにドイツに呼ばれたのが、トルコを中心とする隣国からの労働者でした。

彼らはゲストワーカーと呼ばれ、労働力だけではなく、新たな食文化であるケバブをもドイツにもたらしたというわけです。

スポンサーリンク

こうしてケバブはドイツ国民へ瞬く間に広まっていったんですね。

今では、夜中まで営業しているファーストフード店として、ドイツ各地で大人気なんですよ。
みなさんも街中でケバブ屋さんを見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

さて、次回は久しぶりに海外恋愛のお話をしたいと思います。
あの確信犯の彼が出てきますよ〜。

羨ましいなと思う方もいれば、ちょっと愛が重いかも?と感じる方もいると思いますが、なにはともあれお楽しみに〜!

今回の記事で気になる、食文化ですが、日本の食文化の代表とも言えるコンビニおにぎりの人気具材【ツナマヨ】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました