ドイツ人彼氏の愛情が止まらない【ドイツで女子大生してました(13)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドイツ人彼氏の愛情が止まらない【ドイツで女子大生してましたvol.13】

<ドイツ人彼氏の愛情が止まらない>ドイツで女子大生してました[#13]

私は留学中、ドイツ人の方とお付き合いしていました。
一般的に海外の恋愛は、日本のそれよりも愛情表現が豊かなイメージがあるかと思います。

今回はそんなたーっぷりの愛情を感じるお話ですよ。人によって好き嫌いあるとは思いますが(笑)

スポンサーリンク

エピソードのご紹介の前に、海外の水道事情を少しお話しておくと、世界の国の中には水道水が飲める国と飲めない国が存在します。

日本では水道水が飲めるのが普通で、料理や飲料水としても使う人も多いですが、世界全体を見回すと、安全に水道水が飲める国とは非常に限られており、水道水を飲むことが禁止されている国も多くあります。

ドイツも世界的には珍しく安全に水が飲める国ではありますが、ドイツの水は硬水なのでそのままではちょっと飲みにくいんです。

そこで水をスーパーなどで購入する事も多いのですが、普通のミネラルウォーターと、炭酸水が存在し、炭酸の入っていない普通の水は「still」という名称で販売されています。

スポンサーリンク

彼の家にはいつも「still」の水が置いてあって、それを飲料水としていましたが、ある日彼が「みてみて〜」と言ってきたので、何事かと思ったら、ペットボトルのラベルにはこう書いてあったんです!

「I [ still ] love you」(訳:今でも愛してます。)と…。

わーお、ですよね(笑)。

やはり海外の愛情表現は表現がストレートで、これまで国際恋愛に慣れていなかった私は、嬉しさと恥ずかしさとほんの少しの呆れなど、たくさんの感情が一気に溢れ出てきました。

スポンサーリンク

でも満面の笑みを浮かべる彼の前では、嬉しさと恥ずかしさしか表現できませんでしたね。

こんな愛情表現されたらみなさんはどんな反応をするでしょうか?
ちょっと重めの愛もたまーーにはいいかもしれないですね。

次回からは恒例!海外ハプニング4連発です。
「これが海外か〜」と思い知らされる事件ばかりなので、楽しみにしていてくださいね!!

今回の記事で気になる、恋愛の愛情表現ですが、好きすぎて不安になる【ヤキモチ】は英語で通じる?通じない?は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました