日本のものと全然違う!ドイツの家庭料理作ってみた【ドイツで女子大生してました(6)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本のものと全然違う!ドイツの家庭料理作ってみた。【ドイツで女子大生してましたvol.6】

<日本のものと全然違う!ドイツの家庭料理作ってみた。>ドイツで女子大生してました[#6]

前回は、海外で日本の料理を作りましたが、今回はドイツ流の「ポテトサラダ」についてのお話です。

「ポテトサラダ」と聞いて、みなさんはどんなポテトサラダを想像しますか?

スポンサーリンク

私は、茹でたジャガイモをつぶして、きゅうりやハムや玉ねぎ、時にはピクルスなどを入れてマヨネーズで和えたポテトサラダが思い浮かびます。

しかしドイツのポテトサラダにはいろんなバリエーションがあるんです!

ドイツといえば、ビール!サッカー!ジャガイモ!と思われているように、ジャガイモが主食として食べられています。

特にポテトサラダは、クリスマスの時期に家族で食卓を囲みながら食べられる伝統文化があり、昔から多くの人に愛されてきました。

そのため、味付けや具材などにこだわった、家庭や地域それぞれの「ポテトサラダ」が存在するようです。

スポンサーリンク

そんなドイツ流「ポテトサラダ」の特徴は、ジャガイモは輪切りや千切りにして、基本的には潰さないということです。

ちなみに私の教わったやり方では、マヨネーズはほぼ入れず、代わりにお酢で味付けをします。
マヨネーズの味付けに関しては地域などによるようですが、私の友人は「こうすることで胃もたれせず、食事の最後まで飽きずに食べられる」と言っていました。

ドイツ人のポテサラへのこだわりはすごいんです…。

そんな感じで、友人に教わった「ドイツ風ポテトサラダ」を、私も実際に作ってみました。

おそるおそる食べてみたものの、千切りしたじゃがいものシャキシャキ感がとてもおいしかったです!

この食感が衝撃的で、ポテトサラダというよりもコールスローサラダを食べているような気分になりました。

スポンサーリンク

日本のレシピサイトにも色々な「ドイツ風ポテトサラダ」が載っているようなので、機会があれば作ってみてくださいね!

さて、次回は、イタリアへ旅行へ行きますよ。

今回の記事で気になる海外のサラダですが、【海外結婚生活奮闘記マンガ】で「日本人が驚いた!駐在員の妻も惚れ込んだキルギスの絶品サラダの秘密とは…!?」も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました