オーストリアで絶品スイーツ食べ比べ【ドイツで女子大生してました(10)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オーストリアで絶品スイーツ食べ比べ【ドイツで女子大生してましたvol.10】

<オーストリアで絶品スイーツ食べ比べ>ドイツで女子大生してました[#10]

さて、前回に引き続き、オーストリアのお話です。
みなさんは、オーストリアのザッハートルテ(ザッハトルテ)をご存知でしょうか?

チョコレートケーキに生クリームやアプリコットジャムを合わせた、オーストリア伝統の洋菓子です。

スポンサーリンク

このザッハートルテを巡って「我こそが本物のザッハートルテだ!」と主張している所がオーストリアには2つあります。

1つ目はザッハートルテ誕生の地であるホテルザッハーで、チョコケーキに軽めの生クリームを添えて食べるのが特徴。

もう1つは洋菓子店のデメルで、チョコケーキのあいだにアプリコットジャムを挟んだ少しビターな味わいが特徴です。

「オーストリアに行ったら、どちらも食べてみてね!」とドイツの友人からおすすめされていたので、これはもう食べ比べるっきゃない!!!

まずはホテルザッハー!
高級感のある内装に食器、少し緊張してしまいます。

スポンサーリンク

さっそくザッハートルテを注文し食べてみると、牛乳に近い生クリームがチョコケーキととても合います。
ケーキ自体も軽めだったので、もう1つくらい食べられそうな感じがしました。

お次はデメル!
商店街の真ん中らへんにこじんまりとあるお店です。

こちらはザッハートルテを注文すると、飲み物はエスプレッソがおすすめとのことだったので、合わせて注文しました。

食べてみると、ホテルザッハーよりもずしっと重い感じで、満腹感がありました。
アプリコットジャムがいいアクセントになっており、チョコレートの味に飽きがこないと感じました。

スポンサーリンク

どちらもとてもおいしかったのですが、私はどちらかと言うとデメル派でした。
ドイツに帰国してから友人たちと「どっちのザッハートルテ派?」論争をしましたが、意見は真っ二つでしたね。

オーストリアを訪れた際には、ぜひどちらも食べてみてくださいね!

さて、ヨーロッパを食べ歩き、そろそろ日本食が恋しくなってきました。
お次は日本人街の発展しているデュッセルドルフでのお話をしていきましょう!

今回の記事で気になる、スイーツですが、日本を代表する和スイーツ甘酸っぱさが魅力の【いちご大福】は英語で?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました