奇跡の安さとうまさ!スペインの絶品海外グルメ!【ドイツで女子大生してました(8)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
奇跡の安さとうまさ!スペインの絶品海外グルメ!
奇跡の安さとうまさ!スペインの絶品海外グルメ!【ドイツで女子大生してましたvol.8】

<奇跡の安さとうまさ!スペインの絶品海外グルメ!>ドイツで女子大生してました[#8]

ヨーロッパの大学には宗教関係の長期休みが何度かあります。
私はフィングステン(ペンテコステ:Pentecost)と呼ばれる精霊降誕祭の長期休みに、スペインとポルトガルへ旅行にいきました。

今回はそんなスペイン・ポルトガル旅行で感動した海外グルメ、サンドイッチのお話です。

スポンサーリンク

スペインへ飛び立つ前の下調べの時に、どうやらスペインに1ユーロ(日本円で約140円)サンドイッチがあるらしいという噂を耳にしました。
1ユーロという破格の値段とその話題性に「これは食べてみるしかない!」と決めてスペインへ向かいました。

スペインに到着し、さっそくお店に向かうと「生ハムサンドイッチ 1ユーロから」と書かれています!

サンドイッチを1つ注文して待っていると、本当にバゲットの間にバターとレタス、そしてイベリコ豚の生ハムが入っているシンプルサンドイッチが出てきました。

「こ、このボリュームで1ユーロ!?」

そして更にビールとセットにしても2ユーロだというので、ついでに小ビールも注文!(ちなみに朝です)

スポンサーリンク

いざ実食!

パンは割と硬めのタイプですが、そこに合わせるイベリコ豚とバターがベストマッチ!

朝っぱらにビールで流し込む激安サンドイッチは最高でした。

奇跡の安さとうまさ!スペインの絶品海外グルメ!

結局、スペイン滞在中のほとんどの朝食をそこのサンドイッチ(とビール)にしてしまうほどハマってしまった私。

スポンサーリンク

海外では、使われている食材や味付け、ボリュームなどが日本の常識とはかけ離れている場合もあり、場合によっては具合が悪くなってしまう事もあるので、こうして自分に合う美味しい海外グルメを激安で見つけることができたのは、本当に幸運でした!

さあ次回からは2回続けて、ドイツの隣国オーストリア旅行の思い出話をお伝えします。

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になる、【生ハム】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました