【おいしい】は英語で何て言う?様々な「美味しい」の英語表現とニュアンスの違いをご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食べ物を食べた時の感想【おいしい】は英語で何て言う?

食べ物が【おいしい】は英語で何て言う?
食べ物が【おいしい】は英語で何て言う?

「おいしい(美味しい)」は英語で【It’s good.】

食べ物や料理を食べた時の感想として言いたい「おいしい(美味しい)」は英語で[It’s good.]などと表現します。

よく、おいしいの英語として知られている「デリシャス:delicious」という単語を使って[It’s delicious.]と言っても良いですが、ちょっとかしこまった感じのニュアンスになるので、日常会話では[good]を使うととても自然です。

スポンサーリンク

[good]だけだとそっけない感じがするなら、[It’s really good!]などと付け加える事で「これホントおいしい!」といった感じで美味しさを強調する事が出来ますよ。

例文として、「このスープ、本当においしい!」は英語で[This soup is really good!]などと表現すればオッケーです。

また、「おいしい(美味しい)」を表現する英語としては[tasty]や、[yummy]なども軽めのニュアンスで使える単語として覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

ただし、[yummy]という表現は元々子供が使う言葉なので、言い方や使う人にとってはちょっと違和感のある表現になる場合もある事は覚えておきましょう。

合わせて、揚げたてがおいしい【コロッケは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました