【手短に言うと】は英語で何て言う?「要するに・簡単に説明すると」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長い話をまとめる時の【手短に言うと】は英語で何て言う?

短く説明する【手短に言うと】は英語で何て言う?
短く説明する【手短に言うと】は英語で何て言う?

「手短に言うと」は英語で【make a long story short】

本来であれば、長く説明をしなければいけない内容を短く説明する際に言いたい「手短に言うと」は英語で[make a long story short]などと表現します。

学校で習った事を覚えている人も多いかもしれませんが、[make+A+B]は「AをBにする」という意味を作ります。

スポンサーリンク

つまり、[make a long story short]は「長い話を短くする」というニュアンスで、「手短に言うと」を表現しており「要するに・早い話が」などと訳される事もありますね。

例文として、「手短に言うと、私は結婚しました。」は英語で[Make a long story short, we got married.]などと表現しますよ。

また、日常会話やメールの文章などでもカジュアルに用いられ、[make]を省いた[long story short]だけでも「短く言うと・要は」なんてニュアンスで伝わります。

スポンサーリンク

もう少しビジネスっぽい固い表現にしたければ「簡単に説明すると:to explain briefly」なんて表現を使ってもオッケーですよ。

合わせて、話を整理したい時の【つまりは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました