【ありふれた】は英語で何て言う?「ありふれた光景・ありふれた店」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よくある物や事柄を表現する【ありふれた】は英語で何て言う?

よくある【ありふれた】は英語で何て言う?
よくある【ありふれた】は英語で何て言う?

「ありふれた」は英語で【common】

珍しくなく、よくありがちな物や事柄について形容する「ありふれた」は英語で[common]などと表現します。

ここで使われている[common]は「普通の・一般の・共通の」などを意味する単語なので、英語では「珍しくない普通の」というニュアンスで表現する訳ですね。

スポンサーリンク

例文として、「この国ではありふれた光景です。」は英語で[It’s a common sight in this country.]などと表現する訳ですね。

他にも、「ありふれた」の面白い英語表現として[a dime a dozen]という表現もあります。

ここで使われている[dime]は「10セント硬貨(≒10円玉)」の事で、[dozen]は「ダース(12個)」という意味なので、「(10セント硬貨で12個も買えるほど)ありふれた」というニュアンスで使う表現なんですね。

スポンサーリンク

例えば、「新しいショッピングモールに行ったが、ありふれた店ばかりだった。」は英語で[I went to the new shopping mall, but all the stores were a dime a dozen.]などと言えばオッケーです。

ちなみに、イギリス英語では「1ペニー硬貨:penny」という単語を使って[ten a penny]なんて表現を使いますよ。

合わせて、ありふれていない名前【キラキラネームは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました