海外の空港で荷物が消えた!その対処法とは【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル(11)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外の空港で荷物が消えた!その対処法とは【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブルvol.11】

<海外の空港で荷物が消えた!その対処法とは>漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル 4コマ漫画[#11]

海外への入り口といえば、空港ですね。空港に降り立つと「ついにやってきた!」と胸が高鳴りますよね。

そんな旅のスタートである空港ですが、トラブルが多いシーンでもあります。
そこで、空港にまつわるトラブルエピソードを何回かに分けて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

今回は荷物に関するトラブル。
目的地の空港に着いたら、預けていた荷物を受け取りに手荷物受取所に向かいます。

ターンテーブルで次々に荷物が流れてくるのですが、いつまで経っても自分の荷物が流れてこない。。。

そんな預けた荷物が手元に届かなかった状態のことをロストバゲージといいます。 ロストバゲージはなぜ起こるのか?対策は?起こったときの対応は?どうすればいいのか紹介していきます。

ロストバゲージの原因

スポンサーリンク

・荷物につけるタグの発行ミス
・荷物の積み遅れ
・乗り継ぎでの積み込みミス
・他人が間違えて持って行ってしまう

ロストバゲージの対策

スポンサーリンク

・荷物にネームタグ(連絡先)と分かりやすい目印をつけておく
・過去フライトのタグやシールは紛らわしいので外しておく
・荷物の写真を撮っておく
・貴重品や到着後すぐ使う物は預けない
・海外旅行保険に入る

ロストバゲージが発覚したときにすべきこと

スポンサーリンク
  1. BaggageLostカウンターに向かう
  2. ロストバゲージを伝え、荷物のタグの半券と航空券を提示する
  3. 紛失証明書を発行してもらう(海外保険の補償を受けるために必要
  4. トラベルキットをもらう(航空会社によっては用意していない場合も)
  5. 連絡を待つ
  6. 必要品を買い足す場合はレシートを保管する(海外保険の補償を受けるために必要
スポンサーリンク

近年ロストバゲージに遭う確率は低く、もし遭ったとしてもほとんどの場合最終的に荷物は戻ってきます。
しかしとんだ災難に巻き込まれて時間も労力もロスするのは惜しいですよね。

ロストバゲージに遭わないよう、原因を知った上でしっかり対策を行いましょう。
そして万が一遭った場合は、冷静に行動して必要書類などはきっちり保管しておきましょうね。

1話から見たい方はコチラから

angtian(アンティエン)さんの留学4コマ漫画、中国への留学先選びで犯した痛恨のミスとは?【中国クセつよ留学生活(1)】もチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました