【下書き】は英語で何て言う?「下書きを書く・絵の下描き」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本番の前の練習で書く【下書き】は英語で何て言う?

文章の【下書き】は英語で何て言う?
文章の【下書き】は英語で何て言う?

「下書き」は英語で【draft】

本番や清書の前に、練習として書く事や書いた内容を意味する「下書き」は英語で[draft]などと表現します。

日本語で「ドラフト」というと、プロスポーツチームが選手の獲得交渉権を得る為の方法である「ドラフト制度・ドラフト会議」という意味がよく知られていますが、英語の[draft]には「下書き・草案」という意味もあるんです。

スポンサーリンク

ここで使われている[draft]は、手紙や文章などの下書きだけでなく、イラストなど絵の下書きという意味でも使う事は出来ますが、「絵の下描き」の場合は[rough drawing]などと言っても良いでしょう。

例文として、「来週の月曜日に下書きを提出できる?」は英語で[Can you turn in your draft next Monday?]などと表現すれば良い訳ですね。

また、「下書きを書く」は英語で[write a draft]と言えば良いので、「もう下書きは書いてあります。:I’ve already written the draft.」なんて言えますよ。

スポンサーリンク

ちなみに、下書きの後に書く「清書」は英語で[fair copy]や[clean copy]などということができますよ。

合わせて、テストなどで貰える【はなまるは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました