イギリスの喫煙所で勇者に遭遇!?【オドロキの英国生活(2)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イギリスの喫煙所で勇者に遭遇!?【オドロキの英国生活vol.2】

<イギリスの喫煙所で勇者に遭遇!?>オドロキの英国生活[#2]

留学すると、「視野が広がった」とか「勉強になった」と思うこともありますが、イギリスに留学して私がもうひとつ思ったのは「面白い人がいるな・・・」です(笑)

これは留学あるあるのようで、別の場所に留学した友達も同じようなことを言っていました。

スポンサーリンク

例えば、私はイギリスの大学の寮の外で、腰に聖剣・エクスカリバーを下げている人を見たことがあります!

ゴミ箱の隣でタバコを吸いながら、おそらく段ボールで作ったであろうエクスカリバーを引っ提げていた彼は、その後一体どこに向かうつもりだったのでしょうか。

できれば見守りたかったのですが、シャイな私は声をかけることができず、通り過ぎてしまいました。

スポンサーリンク

また、スキーをしに行った時、スノーボード雪の上を滑りながらノートパソコンを操る凄腕プログラマー(?)に出会ったこともあります。

スノーボードかパソコン作業か選べず、どちらも一緒にやっちゃおうという発想がいろんな意味ですごい!
目の前をスーッと通り過ぎていったので一瞬「幻かな」と思ったほどでした。

他にもイギリスでよく見かけたのが謎の漢字の使い方で、日本語で「足」と書かれた帽子をかぶっている人や「女」というタトゥーを入れてもらっている女性など、例を挙げればキリがありません。

日本でも話題になりましたが、イギリス発の「極度乾燥(しなさい)」というファッションブランドのロゴなど、「なぜそうなる?」という日本語(漢字)の使い方は本当によく見ました。

スポンサーリンク

ただ、このような他言語の変な使い方については、日本でも街中で謎の英語が書かれたTシャツを目にする機会も多く、人の事は言えない…というのも事実ですよね。

海外の日本語の変な使い方については、なるべく優しい気持ち見守りたいなと、自分が持っている服に書かれた英語をチェックしながら思うのでした。

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になるファッションなどの違いですが、日本では考えられない!カナダの冬ファッションも記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました