イギリスのおばちゃんがゴキゲンになるまさかの理由【オドロキの英国生活(9)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イギリスのおばちゃんがゴキゲンになるまさかの理由
イギリスのおばちゃんがゴキゲンになるまさかの理由【オドロキの英国生活vol.9】

<イギリスのおばちゃんがゴキゲンになるまさかの理由>オドロキの英国生活[#9]

私は昔からイギリスが大好きでしたが、どこが好きかと言われたら全部なので上手く答えらえません。

そこで今回、しっかり考えて好きな箇所を言語化してみることにしました。

スポンサーリンク

そのひとつが、「人と自然との共存がうますぎる点」です。

イギリスに留学してびっくりしたのが、都会でも自然豊かで野生動物たちとも出会えちゃうことです!

私はスコットランドの首都、エディンバラに留学したのですが、野生のリスはそこらじゅうにいますし、寮ではキツネにも会いました。

山には野ウサギが住んでいて(フンがたくさん落ちています)、タイミングが良ければピョコっと顔を出すウサギも見れます。

スポンサーリンク

また、太陽が出ている時間が少ない国であることも関係しているのか、晴れると人がぞくぞくと外へ出ていくのは印象的でしたね。

自宅の素敵な裏庭で本を読み始めるおじいさん、「今日は何の日だと思う?なんと、晴れなのよ~!」と太陽光ではしゃぎあう寮のおばちゃんたち、普段は誰もいない大学近くの芝生がお花見かと思うほど人であふれる光景。

人が自然を愛し、都会であっても山の自然や芝生などの緑をしっかり残すのだなあとしんみり感じました。

スポンサーリンク

都会に自然が残るということは、その自然の中で動物たちも暮らせるということですから、都会で野生動物とも出会えるという訳ですね。

ロンドンに行った時も、オックスフォードに留学した時も、やはり自然の多さにはびっくりしたのでイギリスの多くの地域で自然との共存が行われているのだと思います。

私は生まれも育ちも日本の郊外なので、東京や大阪などの都会と比べると自然は多くあったと思います。

それなのに、イギリスで自然が多いと感じられたのは驚くべき発見でした。

スポンサーリンク

旅行に行けば、広大な敷地でのびのびと過ごす羊たちが見られるのもイギリスの素敵な風景の一つなので、ぜひ機会がある方はイギリス郊外観光もオススメですよ。

次回は、イケメン過ぎる留学生にトンデモない事をしてしまったエピソードです!

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事でも気になる【日当たりは英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました