「早すぎない!?」イギリスのトンデモ授業【オドロキの英国生活(5)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「早すぎない!?」イギリスのトンデモ授業
「早すぎない!?」イギリスのトンデモ授業【オドロキの英国生活vol.5】

<「早すぎない!?」イギリスのトンデモ授業>オドロキの英国生活[#5]

イギリスの大学に留学した時、私は英語圏の大学でドイツ語とスペイン語を選択するという暴挙に出ました。

実は「イギリスで何かを学びたかった」というよりは「イギリスに長くいたかった」というのが本音だったので、割と興味本位や思い付きで履修選択をしていたのです。

スポンサーリンク

そこでびっくりしたのが、初級のスペイン語の授業の早さ!
なんと、日本の大学で数か月で進める範囲をたった1コマで進めました・・・!!?

私はドイツ語はやったことがあったので良かったのですが、スペイン語に関してはまったく喋れなかったため、ただただ授業中に唖然としていましたね(笑)

「早すぎない!?」イギリスのトンデモ授業

このことを友達に話した時、「ヨーロッパでは(程度の差こそあれ)母国語以外の外国語を何か国語が話せる人が多い」と言われ、隣国との関係が深いヨーロッパ文化と日本の違いを改めて感じました。

スポンサーリンク

それにしたって、どうしたらこんな勢いで進む授業についていけるのか不思議です。

頭の作りが元から違うのか、それとも英語とヨーロッパ言語に通じるところがあって彼らにとっては簡単に学びやすいのでしょうか。

ちなみに、同じスペイン語のクラスを取っていた香港人の友達は、私と同じように授業に苦戦していたので、どうやらアジア圏の生徒にとってはレベルが高いと感じる授業だったようです。

私は留学するまでに英語をそこそこ勉強して頑張ってきたつもりですが、このような授業を体験してしまい、「日本の外国語教育で海外勢に追いつくのは大変だな…」と感じてしまった部分もありました。

スポンサーリンク

結局授業では日本語のサイトなどで確認しながら復習し、なんとか単位は取ることができましたが(ちょっとズルだったかな)私が本当の意味でスペイン語を習得するにはまだまだ時間がかかりそうです。

次回はイギリスと日本の驚きの違いについてご紹介します!

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事でも話題にあがった学校の授業の中で【小テストは英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました