【小さじ】は英語で何て言う?略称や「小さじ2杯を加える」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

料理で調味料の計量に使う【小さじ】は英語で何て言う?

料理に使う【小さじ】は英語で何て言う?
料理に使う【小さじ】は英語で何て言う?

「小さじ」は英語で【teaspoon】

料理やお菓子作りなどで、調味料を計量する為のスプーン「小さじ」は英語で[teaspoon]などと表現します。

直訳すると「お茶スプーン」となるように、紅茶やコーヒーなどに入れた砂糖やミルクをかき混ぜる為のスプーンという意味でも使われますが、料理のレシピなどで使われる場合は小さじを表現します。

スポンサーリンク

また、日本で小さじ(小匙)と言えば「5ml」と決まっていますが、アメリカの小さじは6分の1液量オンスと決められており、ミリリットル換算すると「4.92892159375ml」となるので、厳密には容量が違うので気を付けましょう。

例文として、「砂糖小さじ2杯を加えます。」は英語で[Add 2 teaspoons of sugar.]などと言えばオッケーです。

ちなみに、英語の料理レシピでは[teaspoon]の事を[tsp]と略して表記される事が非常に多いんです。

スポンサーリンク

例えば、英語で[1/2 tsp baking powder]と書いてあれば「ベーキングパウダー小さじ2分の1」という意味になりますよ。

合わせて、先端が尖ったスプーン【フォークスプーンは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました